痒くて辛い水虫|皮膚科で薬を処方してもらおう

先生

皮膚のトラブル解決

病院

新宿も含めて、近年の皮膚科は皮膚の健康だけでなく美容のサポートをする皮膚科も増えてきています。アトピーや水虫といった治療はもちろんシミやシワを医療器具を使い解消する美容治療を行なっています。

Read More...

水虫を治療

足

皆さんは、水虫という皮膚病の一種をご存知だろうか。皮膚病の一種である、水虫はとても身近な病気の1つです。水虫の主な原因が、白癬菌が原因だと言われています。この白癬菌というのは、カビの一種で日本の環境的に高温多湿であるため、カビの一種である白癬菌も住みやすい環境だと言われています。また、白癬菌というのは誰の皮膚にでも住んでいるものだと言われています。人の皮膚は、アカとなって落ちていきます。白癬菌それと一緒に基本的には流れ落ちてしまいます。ですが、白癬菌が皮膚の角質層にまで侵入してしまったのを水虫といいます。水虫は、治療をする人が少ないと言われています。そのため、日本人の2割が発症していると言われるほど、感染率の高い皮膚病といえるでしょう。また、水虫の原因である白癬菌は、カビの一種であるため夏の時期は悪化するケースが多いのです。

水虫は、初期の段階でしっかり治療することで早く完治できます。しかし、長い間放置してしまった水虫は広がってしまい治療が大変難しくなってしまいます。そのため、足に痒みなどがある場合は早めに皮膚科を受診することが大切です。また、水虫の怖いところはその感染力の高さとも言えるでしょう。そのため、常に清潔であることが大切です。皮膚科で、薬を処方してもらい早期治療をとり行うことが大切です。また、爪に白癬菌が入り込んでしまい爪水虫となってしまった場合は、塗り薬では限界があります。その時は、飲み薬によって水虫の原因である白癬菌を抑える薬もあるため、医師の診断をしっかりと受けることが大切です。

爪水虫の治療

医療器具

爪水虫は、水虫の末期と言われる症状です。爪の内部までに侵入しまっても皮膚科で処方される薬によって治療は可能です。しかし、爪まで侵されてしまった場合治療期間には時間がかるため早期治療を行う必要があります。

Read More...

アトピーを治療

病室

皮膚科は、大阪エリアにも数多くあります。アトピー専門の病院も数多くあるでしょう。しかし、そのため病院を探すのは困難です。そこで、インターネットを使い病院を検索するといいでしょう。

Read More...