痒くて辛い水虫|皮膚科で薬を処方してもらおう

先生

爪水虫の治療

医療器具

水虫と言う言葉を、多くの人は聞いたことがあるでしょう。水虫の中でも、爪水虫という症状をご存知でしょうか。爪水虫とは、水虫の原因である白癬菌が爪内部にまで侵入した状態のことを言います。爪水虫は、水虫の末期症状といっても過言ではありません。そのため、早急に皮膚科を受診する必要があるといってもいいでしょう。爪水虫の、初期症状は爪が白っぽく見えるだけで他にはなんの症状も現れません。しかし、症状が進むにつれて爪の色が黄色や黒といった色に変化していきます。また、白癬菌に侵された爪は盛り上がったように生えてくるようになりボロボロと崩れ始め白癬菌をばらまき始めるのです。早急に、皮膚科を受診して薬を詳報してもらい治療を開始することが大切です。

水虫の治療には、スプレータイプの薬や塗り薬といったものを基本的に使用します。しかし、爪水虫は爪内部にまで白癬菌が潜入しているためスプレータイプや塗り薬タイプでは治療が困難です。そのため、爪水虫を完治させるためには皮膚科で医師の処方する内服薬を処方して貰う必要があります。爪水虫の完治には、長くて1年近くかかると言われています。白癬菌に侵された爪が生え変わる必要があるからです。そのため、薬をしっかりと服用しながら生え変わりを待つ必要があるためです。足の爪であれば約1年、手の爪であれば約半年と言われています。しかし、爪の生え変わりは人それぞれ早さが違います。そのため、根気よく薬をのむ必要があります。